合コンでのゲームについて

女性とお酒 このコーナーでは合コンの定番ゲームからちょっと変わったゲームまでご紹介しています。

 ただし、合コンは本来話をする場なので、必ずしもゲームをする必要はないと思います。場が盛り上がらないのをごまかすため、女子にセクハラするためにゲームをするのは特によくありません。

 ほどほどに盛り上がっている場面で、スパイス程度にゲームを取り入れるのなら効果的だと思います。ゲームをする際は個人プレイにしてもいいですが、たくさん人数がいるときは男女ペアにすると、その2人に連帯感が生まれるのでいいと思います。

罰ゲームについて

女性とお酒  ゲームにペナルティは付き物ですが、急性アルコール中毒などの問題もあるので、一気飲みは良くありません。「秘密の暴露」とか、「お酒とつまりの追加の買い出し役」とか、マイルドな罰ゲームにしましょう。その場で一番気に入った異性の発表とかにするのも盛り上がっていいかもしれません。(この発表がきっかけで付き合うようになるケースもけっこうあります。)

 お酒が苦手なのに、ゲームに負けて一気飲みをしなくてはならなくなった場合、女性なら強そうな男性に『私弱いから、○○くん、代わりに飲んで〜』とか甘えてみるのもいいと思います。

 男女ペアでゲームをする場合は、多少過激な罰ゲームにして、それを男性が全部引き受けると、女性が罪悪感を持ち、その罪悪感が好意に変わるかもしれません。

合コンにぴったりな罰ゲームトランプ→罰ゲームトランプLOVE編

罰ゲームトランプLOVE編

山手線ゲーム(=古今東西)

【ルール】
紹介するまでもない、定番中の定番ですね。リズムに乗って、お題に沿った答えを順番に言っていくだけです。周りの人は合いの手でパンパンと手拍子を打ちます。お題によって答えが長くなる時は、手拍子もゆっくり打ってあげてください。お題は何でもOKです。

合コン研究会 こういう知識を披露できるゲームは、男性が好む気がします。お題はスポーツ選手・チーム名や車種などにすると男性が有利になってしまうので、男女差のないものの方がいいと思います。

 特定の人をはめるために、数が限られているお題を挙げるのも、ネタとして許される雰囲気ならアリです。例:「四国の県名」
 もしくは、メンバーの気分次第でOK・アウト両方になるお題なんてのも面白いですね。例:「女子が喜ぶこと」

小ネタ例 「東大タレントの木村美紀は、古今東西で『物理法則』とか『数学の定理』というお題を出して男性陣を引かせたことがあるらしいね。私は一つも分からない(笑)」

山手線ゲーム、お題の例

「魚の名前」「スポーツの名前」「四字熟語」「○○に出てくるキャラの名前(サザエさんなど)」

 管理人は「首都名」というお題が好きです。ネタとして「スリジャヤワルダナプラコッテ」(スリランカの首都)とか覚えておくといいですね。また、国名と首都名が同じ国や、似ている国なども覚えておくといいかもです。 (例:「シンガポールの首都はシンガポール」「ルクセンブルクの首都はルクセンブルク」「ブラジルの首都はブラジリア」「アルジェリアの首都はアルジェ」など)

合コン必勝法ポイント 答えがたくさんありすぎてなかなか終わりそうにないお題(「国の名前」など)を出題した場合は、携帯電話のタイマーをセットしてバトンのようにまわし、アラームが鳴った時点で持っていた人の負けにするのも盛り上がると思います。
※自分の携帯にタイマー機能がない人は、「アプリゲット」などのサイトで『タイマー』と検索すると、携帯用のフリーソフトをダウンロードすることができます。


ナンバーワンゲーム―○○な人は誰だ?

合コン研究会  「この中で一番○○な人」というお題を決めて、「せーの」でその人を指差す。結果が出たらそれについてしばし雑談すると盛り上がります。

 ※このゲームはお題によってはメンバーに不快な思いをさせる可能性もあるので、十分気をつけてください。「一番浮気しなさそうな人」とか、「頭が良さそうな人」とか、ポジティブなお題にするといいと思います。

もしくは、「この中で2番目に気になる人をみんなで一斉に指差す」みたいなお題も良いと思います。指すのも2番目の人なら恥ずかしくないし、自分が指されたらそれなりに嬉しいし、指されなくても1位という可能性が残っているのでそんなにショックではありません。

 また、このゲームは同性同士が事前に打ち合わせをすることによって意図的にある人に集中させるというズルができます。なので、指された人が一気飲みなどというルールにはしないでください。特にこの手で女性をつぶそうとする男性たちがいるので気をつけてください。

王様ゲーム

 合コンの定番ゲームと言われていますが、セクハラにつながりやすいので要注意です。

【ルール】
割り箸を人数分用意し、1つには王冠マーク、他のには通し番号をふってクジを作る。

だれか1人がマークが見えないように手に持ち、「王様だ〜れだ?」の掛け声でみんなが1本ずつ引く。

王様になった人が「○番と○番が〜する」と命令する。指名された人はそれに従う。
※「1番と3番が抱き合う」とか、ちょっとセクシーな命令が多い。この時、性別は考慮されないので、同性同士がすることもありうる。 王様は「○番が王様に〜」と自分を指名することも可能。




携帯で席替え

 【ルール】
男(もしくは女)全員の携帯番号を1枚1枚の紙に書いてくじにする

引き当てた番号に電話をかけ、その人の隣に座る。

女性とケータイ これだと自然に番号が交換できますね。何回も席替えしているうちに、みんなの番号をゲットしちゃいましょう。


自己紹介クイズ

 【ルール】
お題のテーマと出題者を決める
テーマの例:「昔やってたスポーツ」「タイプの芸能人」など

異性から質問をして、答えを当てる。
質問の例:「それはチームでやるもの?」「それは球技?」など。質問回数は 「3回まで」などと制限してもいい。

 ※このゲームには特に罰ゲームなどはありません。当たっても当たらなくてもそれでOK。会話のきっかけとして活用してください。


カクテル?原料当て

 【ルール】
残っているお酒やジュースを混ぜ合わせて、何が入っているか当てる。

カクテル 家での合コンなどに使える遊びです。たいていまずいですが、たまに、奇跡的に美味しくできたりするのも面白いです。できた謎のカクテルに無駄にオシャレ・もしくは意味不明な名前をつけて遊ぶのもいいですね。レインボー・ミラクル・マティーニとか。パッション・ミルク・サワーとか適当に。

 男性はだいたい合コンで女性を多少酔わせたいと思っているので、お酒を飲まなくてはいけないこういゲームは喜ぶようです。


コインゲームその1 コインDE匿名アンケート

【ルール&やり方】
 ハンカチと10円玉(もしくは100円玉)などを人数分用意して、YESなら数字の書いてある方、NOなら模様の方を上に向けるというルールを決めておく。

 「この中でいいなと思う相手がいる」「実は恋人がいる」などのきわどいお題を用意して、みんなにハンカチの下に自分に当てはまる面を上にしてコインを置いてもらう。 ハンカチを載せたままコインの位置を面は動かさないようにシャッフルして、ハンカチを取って結果を見てみんなで楽しむ。

 ※自分の気になる人がどんな回答をしたかが分かる裏技は、合コンで使える裏技のコーナーに書いてあります。


コインゲームその2 コインDE匿名投票

 コインで匿名のまま相手に意思を伝えるゲーム。

【ルール&やり方】
コインのセットを人数分用意する。
例:3対3の合コンなら、100円玉、10円玉、5円玉を3枚ずつ用意。男性もしくは女性側が各自1枚ずつ手に持つ。

それぞれのコインに意味を与える。
例:恋人にしたい人には「金メダル」の意味を込めて5円玉を渡す。
浮気相手にしたい人には「銀メダル」の意味を込めて100円玉を渡す。
友達にしたい人には「銅メダル」の意味を込めて10円玉を渡す。

女性異性には目をつぶって手を出してもらい、「せーの」で自分の持っているコインを1枚ずつ異性の手に置く。

異性側(コインをもらう方)は誰にどんなコインをもらったか分からないが、自分がどう思われているかが分かる。

結果は発表するルールにしてもいいし、しないというルールでもいいと思います。


指を握って投票ゲーム

 上記のコインDE匿名投票と似ていますが、こちらは手を握って相手に意思を伝えるゲームです。軽いスキンシップができるのが人気のようです。

【ルール&やり方】
「この中で番号を交換してもいい人」などのお題を決める

男側(もしくは女側)は全員目をつぶり、腕を前に投げ出して、人差し指を突き出す。

異性側はせーので、当てはまる人の指を掴む。

 本来目は最後まで開けてはいけないルールですが、マイルドなお題ならばらしちゃってもいいかもしれませんね。


ウィンクキラー

ウインクで人を倒すオニ(ウインクキラー)を探すゲーム。

【ルール&やり方】
 くじで犯人を決める。 その他の人は、犯人が自分にウインクするのを 見た瞬間、殺されたことになる。
女性とお酒 殺された人は心の中で5秒かぞえてから 「やられた〜」と宣言する。 残り一人のところまでやっつければ犯人の勝ち。

 生きている人は、だれが犯人か探す。 犯人がわかったら、「分かった」と宣言する。 分かった人が2人以上になったら「せーの」で犯人を指差す。 それが当たったら犯人の負け。


嘘はどーれだ?

 メンバーの一人があるお題について、3つのエピソードを披露する。そのうち2つは本当の話、1つは全く嘘の話にしてもらう。 聞いている人は質問などをして、どれが嘘かを当てる。

(※ただし、その人の友人が答えを知ってそうなお題の場合、回答権があるのは異性のメンバーだけにする)お題の例は、「元恋人にされたひどいこと」「自分の特技」など。


カタカナ語(方言)の禁止

女性 全員で会話している時に、カタカナ語や方言を禁止してみても面白いかもしれません。

 カタカナ語はかなり厳しいですね。方言も地方の人にとっては辛そうです。妙に丁寧語になってしまったりすると思います(笑)方言の場合、発音(アクセント)については微妙なところなので、そこは見逃してあげましょう。


牛タンゲーム

【ルール】
最初の人が「ぎゅう」と言う→時計回りで次の人が手を叩く(タン)→その次の人が「ぎゅう」と言う→その次の人が手を叩く(タン)→その次の人が「ぎゅう」と言う→その次の人が手を叩く(タン)→その次の人が手を叩く(タン)
これで1セット

上記の流れを、一番最後のタンの数を1つずつ増やしながら続ける。
まずは「ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、タン」
ミスがなければ続けて 「ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、タン、タン」
ミスがなければ続けて 「ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、ぎゅう、タン、タン、タン、タン」
これをだれかがミスをするまで繰り返す。

※牛タンゲームは、「タン」のところで(本当は手を叩くだけですが)「タン」と声を発してしまうミスが多いです。気をつけましょう。

ピンポンパンゲーム

【ルール】
最初の人が「ピン」と言う。

時計回りで次の人が「ポン」と言う。

その次の人が「パン」と言いながら、誰かを指す。

指された人がまた「ピン」から始める。
これをだれかがミスをするまで繰り返す。


せんだみつおゲーム

 上記で紹介している、「ピンポンパンゲーム」から派生したと言われている、「せんだみつお」ゲームです。

【ルール】
最初の人が、「せんだー」と言いながら別の人を指す。

指された人が、「みつおー」と言いながら別の人を指す。

指された人の両脇にいる人が「ナハナハー」と言いながらナハナハーの動きをする。
これをだれかがミス(間違った発言・行動、リズムに乗れない) をするまで繰り返す。

小ネタ例「せんだみつおって、「2000年から1年間は、『二千田光雄(にせんだみつお)』に改名してたらしいね。」


黒ひげ危機一発

 家で合コンをするなら黒ひげ危機一発のようなオモチャを用意しておくといいかもしれません。ルール説明の必要がないので、他のゲームよりも簡単にできますし、酔った頭でもできます(笑)

 黒ひげシリーズの中に、「ラブヒゲ危機一発 」という商品があるのですが、これは大人が合コンなどで使うのに最適な商品です。剣に指令(「次の勝負がつくまで赤ちゃん言葉」など)が書いてあって、それを飛び出させた人がそれに従う、というものです。指令はけっこうきわどいものもあるので、相手のノリが良さを見極めてから使ってください。

アクション ラブヒゲ危機一発

 ちなみに、普通四字熟語では「危機一髪」と書くところを、この商品では敢えて「危機一発」としています。「みんなそのことに気づいてた?」とその場で聞いてみるのもいいですね。

 ただし、あんまり用意周到にこういったゲームなどを用意しておくと、「気合い入りすぎ!」と相手側が引くかもしれないので、気をつけてください。

 黒ひげに似た商品では、このようなもの↓もあります。ポッキーが飛び出す感覚が面白いと評判が良いようです。

ポッキーショック
B0007LBEDO

ネットでラブひげゲームを疑似体験

タカラトミー提供の、ネット上で遊べるラブひげです。「Let's Play!」のボタンを押すとゲームをスタートできます。飛び出させてしまった場合には指令が出るようになっています。

ジェンガ

 黒ひげ以外の商品だと、ブロックを抜き取って積み上げるというシンプルなゲーム「ジェンガ 」もお勧めです。なんかオシャレなイメージがありますよね。
このジェンガも「ラブヒゲ」同様に指示の書かれたバージョンがあります。「ラブジェンガ 」という商品なので、興味のある方は探してみてください。

ラブジェンガ

 ダーツバーなどにも、「ブラックジェンガ 」という、指令の書かれたタイプのジェンガがよく置いてあります。生成り&茶&黒のオシャレなトーンなので、インテリアとしてもいいかもですね。

ブラックジェンガ

 ちなみにジェンガとは、スワヒリ語で「組み立てる」という意味です。ゲームをしている間に、こんな豆知識も披露できるといいですね。(うざくならないように、さらっと言うのが大事です!)

竹の子ニョッキ

お笑い番組『ネプリーグ』発祥のゲーム。

【ルール&やり方】
最初にみんなで「竹の子竹の子ニョッキッキ」と言う。

その後は各自が自分のタイミングで「1ニョッキ」「2ニョッキ」「3ニョッキ」…とコールして抜けていく。 ※抜ける時は両手を伸ばして頭上で合わせて、竹の子の形にする。
誰かとコールが重なったり、最後の1人になった人がアウト。

 このゲームは短時間で場を盛り上げるのに便利です。

 テレビのルールでは「3回ミスをしたらアウト」ですが、1回ミスをしただけでアウトにしてもスリルがあって面白いと思います。

うつらないんです

 テレビ番組『芸夢』で、ピースの又吉さんが提唱していたゲーム。ビデオカメラを回して、一番バッチリうつってしまった人がアウト!カメラの連写機能などを利用しても可。
きゃーきゃー逃げ惑っている際に、異性と触れ合えたりするのが盛り上がるゲームです。

メアドゲットゲーム

 テレビ番組『芸夢』で、カラテカ入江さんが提唱していたゲーム。

【やり方】
女性陣が紙にメアドを書いて伏せておく。

男性陣が「よーいドン」でその紙をひっくり返し、メアドをケータイで入力して空メールを送信する。

一番に送れた男性はそのメアドを残してOK!それ以外の男性はメアドを削除する。

 このゲームのポイントは、女性側には受信履歴が残るところです。女性が気に入った相手がいた場合、このゲームで知ったメアドに連絡できます。

相手に絶対勝てるゲーム−NOT20

 1から順に、3つまでの数字を順番に言って(コールして)いき、最後に20を言った人が負け、というルールのゲームの必勝法です。 『ぷらちなロンドンブーツ』という番組でNot100というのをやっていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。合コンでは男女男女の順番でまわすと面白いと思います。

 このゲームに勝つには、19を自分がコールする必要があるので、3、7、11、15の数字で自分のコールが終わるようにするといいです。
この必勝法、けっこう有名なので、相手が知っている場合には使えませんが…。

合コンで使える心理テスト・クイズ

 合コンを盛り上げる方法としては、ゲーム以外にも、心理テストやクイズなどもお勧めです。心理テスト・クイズのページで紹介しているネタもぜひチェックしてみてください。


このページのトップへ戻る     HOMEへ戻る

inserted by FC2 system